子どもと一緒に育つお庭

子供と一緒に育つお庭

家庭という言葉は「家」と「庭」と書きます。
お家とお庭が調和することで生まれる豊かな暮らし。
四季折々の変化や新しい発見に
驚いたり、喜んだりする何気ない瞬間を
大切にしています。

お家をもっと素敵におうちをもっと素敵に
シンボルツリーは、株立ちのシマトネリコです。
黒いガルバリウムの外壁に、繊細な枝葉が涼やかな印象を与え、
おうちがもっと素敵に見えます。


玄関アプロ―チ玄関アプローチ
玄関アプローチには、ローズマリーやミント・バジルなどの
ハーブたちを配置し、小さなハーブガーデンに。
お料理にも使えて便利です。

ローズマリーはチキン料理に。
ミントはさっぱりハーブティに。
バジルはジェノベーゼパスタに最適です。



小さなお庭でのんびりと小さなお庭でのんびりと
ラベンダーは冬の寒さや夏の暑さにも強く
丈夫なハーブです。
ふかふかな芝生が気持ちの良いお庭では
小さなお子さんが裸足でのびのびと遊べます。


ベリーの果樹で収穫を楽しむベリーの果樹で収穫を楽しむ
ブルーベリーや、ジューンべりーなどの果樹が人気です。
食べられる実がお庭にあると、お子さんのおやつにもなります。

大人はキッチンでお料理をしたり、
ほっとお茶を飲んだりしながら、
お子さんがお庭で遊ぶ様子を確認できるので
ステイホームの昨今でも
安全に外遊びが楽しめます。


部屋から見えるお庭部屋から見えるお庭
リビングの右も左も窓があり、
そこからグリーンの見える暮らし。

ぼんやりとお庭を眺めて、
のんびり過ごせる暮らしをご提案しています。

既設の移ろいを感じ、昆虫や鳥との触れ合いを楽しむ。
庭がもたらす五感を使った、豊かな体験は
お子さんにとってかけがえのない宝物の思い出になるでしょう。


部屋から見たお庭部屋から見たお庭
「庭育」(にわいく)のコンセプトが1番印象に残ったというお客さま。
庭で行う食育、という感覚で気軽に取り組んで頂いています。

キッチンガーデンも、簡単に言うと家庭菜園。
お子さんが小さいころは砂場にして遊び、
後々、お子さんが成長してから、大人も一緒に
ハーブやトマトやキュウリを栽培することも楽しみです。

昨日は咲いていなかった花が
つぼみを開かせている、そんな季節の移り変わりを
小さなお庭で楽しんで、子どもと一緒に木々が成長していける、
そんな空間をゆったり楽しんで頂いています。



住宅、外構、造園、別々に考えるのではなく、
それぞれが調和を目指し、連携することで豊かな空間になっています。


施工事例一覧に戻る

Menu